冬季の注意

当アパート・マンションをご利用誠にありがとうございます。
さて、今年もめっきり冷え込む季節となりました。昨年は特に冷え込む日が多く、水道管が凍結し、水・お湯が使えなくなってしまうトラブルが多発しました。気温がマイナス4度を下回るほど冷え込む日は給水管が凍結する恐れがございます。万が一、水道管が凍結してしまった場合はご入居者様の管理責任となり、復帰に要する作業費用等は実費での御請求となります。費用は火災保険に入っている場合は保険会社より保証されますので、ご活用ください。(※保証されるか否かは保険会社によります。保証内容をご確認ください)
冷え込むと予想される日は、水道の蛇口を少し開けて置き、水に動きをもたせると効果的です。川のように、流れがあればまず凍ることはございません。
壁内や床下等で凍ってしまった場合は復帰が困難となります。気温が上昇するまで長時間断水状態になってしまう場合もございます。
年末年始、冬休み等の時期になりますと長期間家を留守にする事が有りますが、その際は屋内に有るブレーカーの元電源を切らないで下さい。水抜きをせずに元電源を切られますと外の温水器のヒーターが起動せず内部の銅管やプラスチック部品が必ず凍結し破裂します。またその際の修理費用もご入居者様でのご負担となります。
くれぐれも長期間留守をする場合でも冬季は電源を切らないで下さい。冬季に長期間お部屋を留守にし、ご使用されない場合は水を元で止める、又は当社までご連絡下さい。


火災保険は、当社でも取り扱っております。
火災保険未加入の場合は確実にご加入をお願いします。
(賃貸借契約書に記載あり)

 

 

2018年12月27日